インドネシアの食文化に関して

インドネシアの食文化のひとつのサテアヤムの様子

甘い、辛い、油が多い、コピをやたらと飲むなど、
インドネシアの食文化に対しての印象をまとめてみました。
長いこと滞在していると麻痺してきますが、
しっかりと日本との違いを抑えておきましょう。

Left Caption

現採シンジ

最初は戸惑いましたが、今はすっかりと慣れてしまいました。
Right Caption

現採神

ここらで日本との違いをまとめておかないと、
お前さん、普通の日本人感覚を忘れてしまう感じがするのう。

インドネシアの食文化

 

インドネシア人は甘いものが好き

インドネシア人は甘いものが大好きです。
年中甘いものを食べています。

何でも甘いと思っておけば心の準備はオーケーです。

とりあえず砂糖が多く入っています。
これは日本で微糖や無糖がもてはやされていることの逆を行っていると思います。

また、砂糖が多い、で想像するのが小さじや大さじだと思いますが、
それでは甘いです。いや、甘さが足りないです。

インドネシアでは砂糖はドバーです。袋からドバーっと入れます。
小さじや大さじを使っている時点で甘いのです。いや、甘さが足りないです。

 

コンビニで売っているお茶やコーヒーがすべて甘い

コンビニの冷蔵庫には日本のようにお茶ならお茶がずらーっと並び、
コーヒーならコーヒーがずらーっと並んでいます。
そこは日本と同じです。

日本との違いは並んでいるお茶やコーヒーのほとんどが甘いということです。

 

ブラックコーヒーにも砂糖が入っている

日本とインドネシアの違いとして極めつけのものは、
ブラックコーヒーという名前のものにも砂糖が入っています

100%っぽいフルーツジュースにもばっちりと砂糖が入っています。

 

伊藤園が無糖の茶系飲料の現地生産開始

そんなお茶コーヒー甘い地獄のインドネシアですが、
伊藤園が進出してきまして、無糖のお茶、ウーロン茶、ジャスミン茶の現地生産を開始してくださいました。

そしてそれが大手スーパーマーケットで購入できるようにしてくださいました。
値段も手ごろです。有難うございます。

 

会社のオフィスでインドネシア人が作るコーヒーの砂糖率が異常

会社のオフィスのキッチンで、現地人スタッフがコーヒーを作るところを観察してみましょう。

砂糖をまず最初に入れると思いますが、
グラスの半分くらいまで砂糖を入れます。

 

マルタバックに入れるコンデンスミルクの量が異常

マルタバックを屋台で購入したことはあるでしょうか。

マルタバックマニスのほうです。

そもそも名前の時点でマルタバックマニスですので予想はつきますが、
ものすごい量の糖分が入ります。

まるでストリートファイターのバルログステージの背景の金網か、
と思うくらい網目状に、

隙間が出来てはいけないほどのコンデンスミルクを使っています。

 

インドネシア人は辛い物が好き

インドネシア人は辛い物が好きです。
一般家庭の自炊ではサンバルから作ることが多いです。

また子供のうちから辛さに慣れていますので、
まさに辛さのサラブレッド、辛さの英才教育を受けています。

 

辛さ選択が出来るファーストフード、Geprek(ゲプレック)

Grabfood(グラブフード)等のフードデリバリーアプリなどで注文できる、
インドネシア料理系ファーストフードの定番に、Geprek(ゲプレック)があります。

注文時に辛さが希望でき、レベル0からレベル10まで指定できるのが一般的です。

 

要注意なのは、一般的な日本人の味覚だと、
レベル2で呼吸困難、翌日トイレで号泣するレベルだということです。

 

10段階のうち2段階目でこれですから、

はたしてレベル10を食べる人はどんな人なのかものすごい気になります。

 

Left Caption

現採シンジ

日本人の標準が辛さレベル0、ちょっと辛くても行けるがレベル1、辛いの好きですでレベル2、
くらいのイメージです。その上に8レベルあるんです。
Right Caption

現採神

インドネシア人は幼稚園児の時点で辛さレベル2くらいは食べてしまうようじゃ。
国によって得手不得手があるんじゃのう。

 

ミーアヤムやバソにサンバルをかける

インドネシア人と一緒にローカルフード探索をしたことがる人なら、
高確率でミーアヤムや、バソを食べにいったことがあるでしょう。

 

グーグルマップでMie Ayam (ミーアヤム)ないし、Bakso (バソ)で検索していただくとわかりますが、
巷ではミーアヤム屋やバソ屋やはとても多くの店が乱立しています。

 

乱立している中でも繁盛店があり、おいしいとされている店があります。

 

インドネシア人はそんな繁盛店でも、たっぷりと市販のサンバルをかけて食べます。

果たして各店の個性は残っているんでしょうか。

はたして繁盛店の条件とは?

 

ピザやハンバーガーを食べるときに付いてくるサンバルの量が異常

ドミノピザやピザハットでピザを頼んだり、バーガーキングでハンバーガーを頼むと、
小分け袋に入ったサンバルがたくさんついてきます。

 

ひとつのハンバーガーセットに対して3つサンバルが付くイメージです。
ひとつのピザに対しては4つサンバルが付くイメージです。

 

基本的にサンバル過剰になって余ってしまうので、
冷蔵庫に直行するか、その場で捨てることになると思います。

 

冷蔵庫に入れるといつか使うと思っても、
ピザやハンバーガーを食べるたびに貯まっていきますので、
サンバルは純増します。最終的には捨てる人が多いです。

 

一家に一台サンバル用の石臼がある

インドネシアでは、家庭で自炊というと、
サンバルから作ります。

そのため、どこの家庭にも石臼があります。

石臼(Cobek)は嫁入り道具的に使われることもあります。

都心では大き目の石臼が手に入らないか高いので、
田舎から電車で上京するのに、石臼を担いでくるという話もよく聞きます。

 

インドネシア人は揚げ物が好き

インドネシア人は揚げ物が大好きです。
田舎のインドマレットやアルファマートにいくと、
店の前の屋台は決まって揚げ物屋台です。

一個500ルピアから1000ルピア程度なので、
庶民でもたくさん買うことが出来ます

 

朝から揚げ物を食べる

朝から揚げ物をがっつり食べることが出来るのもインドネシア人の特徴です。

前日の夕飯を揚げなおして、朝食に出すということもよくあります。
俗にいう、揚げなおしてニューゲームです。

 

Left Caption

現採シンジ

揚げなおすと無限に日持ちすると考えている人もいるようです。
Right Caption

現採神

鶏肉なんかは揚げなおして表面がどす黒くなっているのもよくあるのう。
わしなんかは気にせずに全部バクバク食べてしまうぞ。

 

好きなおやつはゴレンガン

インドネシア人のちびっこに、
好きなおやつは何かと聞くと、
結構な高確率でゴレンガンと答えます。

日本で言うと好きなおやつはコロッケというイメージでしょうか。
キテレツ大百科の時代の世界観といったところでしょうか。

 

インドネシア人は白米が好き

インドネシアは日本と同じで主食は白米です。
日本は欧米化が進み、パンやシリアルなども増えていますので、
日本より白米派と言えます。

 

ケンタッキーやマクドナルドにご飯セットがある

ファーストフードのケンタッキーやマクドナルドにいくとご飯セットがあります。
お馴染みのハンバーガーの包み紙と同じ質の紙にゲンコツサイズのご飯が包まれてきます。

 

インドネシア人は手で食べる

インドネシア人は手で食べることが多いです。
右てを器用に使って食べていきます。

ちょっとした汁系でも手で食べることがあります。
素人感覚では指の間からするりと落ちてしまう気がしますが、
そこは不思議なものでうまいことこぼさずに口に運んでいきます。

手が汚れてきたらフィンガーボールの水で手をすすぎます。
フィンガーボールの水は飲み物ではないので注意が必要です。

慣れない人はスプーンとフォークで食べても文句は言われません。
最近の屋台はおおよそどこでもスプーンとフォークは常備されています。

 

手で食べたほうがおいしいという人もいる

現採シンジは手で食べるのが上手ではないのと、
すぐ手が汚れてしまうのが嫌なので、
スプーンやフォークで食べてしまうことが多いです。

しかし、インドネシア人の中には、
「手で食べたほうがおいしい」と言ってくる人がいます。

そういうときはうまいことかわしていきましょう。
口論してはいけません。

日本人が吉野家の牛丼を食べるときに、箸で食べたいと思いませんか?
スプーンフォークだと雰囲気が変わってしまう、と思いませんか?
それと同じです。

Left Caption

現採シンジ

手で食べると手が汚れるし、
ちょっと心理的抵抗もあるんですよね。
他に選択肢がなければ話は別ですが。
Right Caption

現採神

そうじゃの。特にサンバルを手で食べた後、しっかり手を洗っても、
目やら鼻やらアソコやらを触るとしみちゃうこともあるから注意じゃ。

 

インドネシア人はテンペとタフが好き

インドネシア人はテンペとタフが大好きです。
市場で安く買えますし、栄養価も高いので、
どこの家の家庭料理にも必ず出現します。

 

日本にも大豆発酵食品の納豆や、豆腐があるので似たようなもの

インドネシア在留日本人の中には、
納豆を高い値段で買ったり、自分で作ったりしている人もいますが、

テンペを納豆と思って食べることで全て解決します。
味は似たようなものです。

 

インドネシア人はコピが好き

インドネシア人は無性にコピが好きです。
コピはコーヒーのことです。

コーヒー全般がコピということになりますが、
人によっては一杯分が小分けされたインスタントコーヒー粉のことを、
コピと呼ぶ人もいるようです。

前者を広義のコピ、後者を狭義のコピとでも呼べば混乱しないでしょう。

 

どこの屋台にもコピ完備

オフィスビルの隙間や路地裏、
工場の門の横、コンビニの前、などどこにでもある屋台ですが、

どこにでもある屋台のうち、全ての屋台にあるのがコピです。
小袋のコピが天井からぶらさがっているのがコピがあるよの合図です。

 

どこの屋台もコピ用のグラスのデザインとサイズは同じ

コピを注文すると、おじさんおばさんのどちらかがコピを運んできます。
この時のコピ用のグラスは、どこの屋台でも、デザインやサイズが同じです。

 

小分けの袋を使って混ぜる

コピの粋なかき混ぜ方は、
コピが入っていた小袋を棒状に折りたたんで、
それを使ってぐるりぐるりと二周ほどかき混ぜることです。

冷静に考えると小袋の外側は常に外気に触れていたため、
非常に汚いはずですが、そんなことは気にせずにコピの隠し味やブレだと思いましょう。

 

沈殿するまで待つ

コピはかき混ぜてから沈殿するまで待ってから飲みます。
上澄みを飲むわけです。

あわてて一気飲みすると粉まで飲んでしまうので気を付けましょう。
その前にやけどしてしまうかもしれません。
慌てずに沈殿するまで待ちましょう

 

夫が仕事から帰ってくると、妻は夫にコーヒーを勧める

インドネシアでは、夫が仕事から帰ってくると、
妻はコーヒーを勧めます。

日本には、
ごはんにする、お風呂にする、それともワタシ?という一般的な決まり文句が日本にありますが、

インドネシアでは、
ゴレンガンにする、コピにする、それともワタシ?というのが一般的な決まり文句のようです。

Left Caption

現採シンジ

コピのポジションは日本でいうとお風呂に当たるんですね。
Right Caption

現採神

うちの場合は、は?コピ?自分で作れば?と言われて終わりじゃよ。
年を取ると夫婦関係も冷めきってくるんじゃ。