インドネシアのコンビニエンスストア 【店舗数、取り扱い商品】

インドネシアのコンビニエンスストアの店頭風景画像

インドネシアのコンビニエンスストアについて解説
大手コンビニの出店店舗数、撤退したチェーン、
取り扱いサービス、コンビニ人気商品などを解説します。

Left Caption

現採シンジ

インドネシアもどこもかしこもコンビニありますよね。
物を買うだけでなく公共料金の支払いやチケット購入も出来るみたいです。
Right Caption

現採神

昔はお酒も買えたんじゃがそれに関しては諦めじゃのう。
野菜も果物も買えるから下手したらスーパーは要らんのう。

インドネシア語でコンビニは?

コンビニはコンビニエンスストアの略です。
英語ではコンビニエンスストアと言えば通じます。
インドネシア語ではコンビニエンスストアでは通じません。

Mini Market (ミニマーケット)

インドネシア語でコンビニはミニマーケットといいます。
通じなかったら地場系の二大コンビニがあり、それが代名詞となっていますので、
Indomaret(インドマレット)かAlfamart(アルファマート)と言えば通じると思います。

インドネシアのコンビニの主要チェーン

Indomaret (インドマレット)

インドマートと読んでしまう人が多いが、
インドマレットと呼びます。
イメージカラーは三色で、赤、黄、青です。

出店数

インドマレットは2020年1月時点で17681店舗。
そのうち30%がフランチャイズ店舗。
年間1000店舗の新規出店が目標。

運営会社

インドマルコ・プリスマタマ社
PT. INDOMARCO PRISMATAMA

キャラクター SI DOMAR君(シドマールくん)

見た目は完全にアリです。
アリに悩まされているインドネシア国民が、
キャラクターとしてのアリを愛しているのは素晴らしいなと思っていました。
モチーフはハチという説もあるようです。

インドネシアのコンビニチェーンインドマレットの公式キャラクターシドマール君の画像

Left Caption

現採シンジ

インドマレットのキャラクターってハチなんですね。
完全にアリだと思ってました。
Right Caption

現採神

ハチだとしたら羽根はどこにあるんじゃろう。
愛着はあるからわしゃ気にせんがのう。

 

Alfamarts (アルファマート)

出店数

2019年の年末の段階で14310店。

運営会社

PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk
スンベールアルファリアトリジャヤ

CircleK (サークルK)

出店数

2019年4月末時点で492店舗、
2020年5月時点で500店舗以上。

運営会社

PT. Circleka Indonesia Utama
サークルカーインドネシアウタマ

インドネシアのコンビニの主な取扱商品

どんなものが買えるのかインターネット上で見れます

最近はインドネシアのコンビニもオンライン通販もはじめています。
スマートフォンアプリ上で商品を選択し、
提携ドライバーが家庭まで宅配するか、
店舗に自分で受け取りに行くことも出来ます。

食品

弁当

チキンカツ弁当、カルボナーラスパゲティなど
インドマレットでは和食のさとと提携した弁当を販売しているそうです。
Youtubeでコンビニ弁当に関して特集している動画がありましたので、
紹介します。

Indomaretの紹介動画。チキンカツ弁当とカルボナーラを選択しイートスぺースで実食。
食べ物関係ないですが、雨漏りがすごいです。

お菓子

乾きもの、チョコ、グミ、飴、ポテトチップス、
クオリティは日本のほうが高いですが、種類はインドネシアも負けていません。
広告を打っての安売りがされることもあります。

グーグルでIndomaret Snackなどで画像検索するとイメージが掴めると思います。

インドマレット スナックでグーグル検索
↑クリックするとグーグルの検索結果画面に飛びます。

フルーツ

インドネシアのコンビニでフルーツが売られている様子

フルーツ大国のインドネシアではコンビニの店頭でもフルーツが売られています。
カット済み、パック済みのものもあります。
計量を頼まずに購入できるのでお気軽に購入が出来ます。

定番はメロン、ドラゴンフルーツ、スイカ、パパイヤ、マンゴーでしょうか。
たまにドリアンもあり、コンビニに入店した瞬間からドリアン臭にやられてしまうことがあります。

野菜

インドネシアのコンビニで野菜が売られている様子

主にAlfamidiというちょっと大き目なコンビニ(カテゴリはスーパーマーケット)には、
野菜もしっかりと売っております。
ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、白菜、ホウレンソウなどが買えます。

インドネシアのコンビニで卵が販売されている売り場の様子

卵もコンビニで購入可能です。
量り売りのところもあればパック販売のところもあります。
パック販売ならそのままレジ直行ですが、
量り売りの場合、測ってもらって値札を貼ってもらう必要があります。

飲料品

ペットボトル飲料

コンビニはペットボトル飲料の宝庫です。
炭酸系はコカ・コーラ、ファンタ、スプライトは必ずあります。
ファンタはイチゴ味が主流です。グレープ、オレンジは意外にレアなので見つけたら買っておきましょう。

コカ・コーラは390mlが4500ルピアです。
(レート換算すると32円程度)

最近乳酸菌飲料系の選択肢が広がっています。
飲むヨーグルト系の種類が結構多いです。

大塚製薬のインドネシア現法人、PT. Amerta Indah Otsuka(アメルタインダー大塚)が、
ポカリスエットとオロナミンCを販売しています。

ポカリスエット


オロナミンC

ヤクルト

ヤクルトもインドネシアのコンビニで購入可能です。
5本入りパックで販売しています。
2020年5月時点でヤクルト5本入りパックが7000ルピア程度でしょうか。
(レート換算すると1本10円ほどです)

Left Caption

現採シンジ

コーラやヤクルトがあるだけで、どれだけの日本人が救われたでしょうか。
どこにでもあるコンビニで馴染みのオロナミンCやポカリスエットが買えるのもうれしいですね。
Right Caption

現採神

大塚製薬は最初は町のワルンから攻めたらしいからのう。
先人が苦労した甲斐があって、わしたちが普通にどこでも日本の味が楽しめるんじゃ。
先人に感謝じゃのう。

 

日用品

コスメ

ロレアル化粧品グループのブランド、ガルニエ(Garnier)や、Ponds(ポンズ)などが主流です。
一通りコンビニで化粧品がそろいます。
参考にインドマレット通販サイトのコスメ商品カテゴリのリンクを貼っておきます。

理容

花王ビオレのメンズ洗顔フォームだったり、ジレットのT字カミソリであったり、
一時期日本でも流行ったAXE (アックス)というボディフレグランスなどもインドネシアのコンビニで買えます。
ギャツビーのワックスなども買うことが出来ます。
男性はコンビニで全て完結すると思ってよいでしょう。

シャンプーやボディソープ、歯磨き粉

風呂系の商品も結構幅広いラインナップで販売しています。
詰め替え用、ボトル、両方あります。
歯磨き粉も定番、スッキリ系、知覚過敏対応系のものまであります。
日本でいうシュミテクトがインドネシアでは安価で購入できます。

避妊具

コンビニで買うことが出来ます。
3枚入りなど、小箱が主流です。
PT. DKT INDONESIA製のブランドが主流です。
Sutra、Andalan、Fiesta等。
Okamotoの0.03mmもよく見かけます(銀色のヤツ)

おもちゃ

インドネシアのコンビニはオモチャの宝庫です。
コピーライトの怪しい商品も多いですが、見ていて飽きません。
カードゲームのUNO、トランプ、ドミノ(ガプレ)などのカード系、
バービー人形、ミニカー等たくさんあります。

インドネシアのおもちゃに関しては後程別記事でまとめます。

公共料金の支払い

インドネシアのコンビニでは公共料金の支払いが可能です。
電気代、水道代、鉄道のチケットなど。
高速道路のプリペイドカードのチャージも可能です。
これに関しては後程記事にします。

インドネシアに進出している日系コンビニチェーン

Lawson (ローソン)

2020年2月末の時点で、出店数は72店舗です。
ローソンの公式サイト上で確認することが出来ます。

ローソンのインドネシア進出は2011年です。
進出当時の目標は10年で10000店舗。
それが現状72店舗ですから、それだけ進出が難しいということだと思います。
後程説明しますが外資規制もあります。

Family Mart (ファミリーマート)

2019年2月末の時点で122店舗、
2020年2月末時点で172店舗(計画)
ファミリーマートのIR資料で確認することが出来ます。

おでん

日系コンビニならではの取り扱い商品がおでんです。
ローソンとファミリーマートで取り扱いがあります。
販売の仕方は日本と同様で、レジ付近に什器があります。

インドネシアのローソンのおでんの価格表

おでんの価格表(参考価格)

店舗によって異なるので参考価格ですが、
おおよそ一個あたり5000ルピア
(現在のレートで36円)

Boilled Egg 煮卵 6000
Lobster Ball ロブスターボール=多分つみれ 2000
Salmon Sausage サーモンソーセージ 6000
Chicken Sausage チキンソーセージ 5000
Beef Sausage ビーフソーセージ 6000
Chikuwa ちくわ 6000
Bakso バソ=肉団子 6000
Tahu タフ=厚揚げ豆腐のようなもの 6000
White Raddish 大根 5000

インドネシアのローソンのおでんのキャンペーン広告画像

おにぎり

日系コンビニとしておにぎりを紹介しようと思いましたが、
インドマレットやアルファマートなど地場系コンビニでも、
おにぎりは売っています。

味は正直微妙で、包装材にキレがなく、
日本のようにスパっと開封できずに海苔が破けてしまいます。

インドネシアのコンビニで売っているおにぎり

ホットスナック

インドネシアのコンビニも日本と同様にホットスナックがあります。
やはり日系コンビニが一番充実しています。
写真はローソンのものです。

日本でいうファミチキのようなものが売られています。
値段は100円程度です

chicken フライドチキン 14000
Red hot chicken レッドホットチキン 14000
Cheesy Chicken チージーチキン 14000
Sausage ソーセージ 15000
Cheese Sausage チーズソーセージ 15000
nasi putih ごはん 3000

インドネシアのローソンでホットスナックを販売している様子

インドネシアを撤退したコンビニチェーン

セブンイレブン

2009年11月1号店オープン
最大187店舗展開。
2017年6月全店閉店。

Left Caption

現採シンジ

セブンイレブン閉店のニュースは衝撃的でした。
当時のニュースを見返しましたが、6月22日にニュース速報が打たれて、
6月30日に全店閉店でした。
Right Caption

現採神

161店舗が1週間足らずで閉店したんじゃ。あまりの急な出来事に言葉を失ったわい。
インドネシアのセブンイレブンの健康にいかにも悪いカラフルなフローズンドリンクが好物だったからのう。

 

ミニストップ

2013年に1号店をオープン。
最大6店舗展開。
2016年6月に撤退。

ミニストップはインドネシア進出当時の目標が、
初年度10店舗、5年で300店舗でした。

インドネシアのコンビニ外資規制

インドネシアのコンビニには外資規制があります。
ミニマーケット:売り場面積が400平方メートル未満の場合、外資不可。
400平方メートル以上の場合、外資100%可。

日本のコンビニの一般的な店舗面積は50~60坪(約165~200平方メートル)なので、
400平方メートルがいかに大きいかわかります。

よって日系のコンビニがインドネシアに進出する際は、
直営で現地展開をせずに、
現地企業とライセンス契約を結び、現地企業に運営させています。

インドネシアのアルコール販売規制

2015年4月からインドネシアではアルコール販売規制が始まりました。
ミニマーケット(400平方メートル未満の店舗)でのアルコール類の販売が禁止されています。

現在アルコール飲料は、
スーパーマーケットでは買うことが出来ますが、コンビニでは買うことが出来ません。

Left Caption

現採シンジ

前はコンビニの前の机でビンタンビールをよく飲んでいました。
今では考えられないことですね。
Right Caption

現採神

夜のお店で本番前にコンビニ前でアルコールをかきこむのが常じゃったのう。
夜のお店の中ではアルコールが高いからのう。入店前から出来上がるためじゃ。

まとめ

インドネシアのコンビニ大手は地場系のインドマレットとアルファマート。
日系のローソンもファミリーマートも頑張っています。
外国資本に対しての規制が強いのと、
地元企業に対しての規制が緩いことが相まって大変なようです。

インドネシアに住む日本人(在留邦人)としては、
日系コンビニにぜひ頑張ってほしいところです。